知財支援ブログをご覧の皆様。
こんにちは。こんばんは。

今日は特許法第2条についご説明いたします。

定義
第二条 この法律で「発明」とは、
自然法則を利用した技術的思想の創作のうち
高度のものをいう。
2 この法律で「特許発明」とは、
特許を受けている発明をいう。
3 この法律で発明について「実施」とは、
次に掲げる行為をいう。
    一 物(プログラム等を含む。以下同じ。)
の発明にあつては、その物の生産、使用、譲渡等
(譲渡及び貸渡しをいい、その物がプログラム等である場合には、
電気通信回線を通じた提供を含む。以下同じ。)、
輸出若しくは輸入又は譲渡等の申出
(譲渡等のための展示を含む。以下同じ。)をする行為
二 方法の発明にあつては、その方法の使用をする行為
三 物を生産する方法の発明にあつては、前号に掲げるもののほか、
その方法により生産した物の使用、譲渡等、輸出
若しくは輸入又は譲渡等の申出をする行為

4 この法律で「プログラム等」とは、
プログラム(電子計算機に対する指令であつて、
一の結果を得ることができるように組み合わされたものをいう。
以下この項において同じ。)その他電子計算機による処理の用に
供する情報であつてプログラムに準ずるものをいう。

〈〈解説〉〉




第ニ条第1項、第2項は、短答試験には出づらいと思いますので、説明は割愛させていただきます。


3

この項では、発明の実施について定義しております。このように、発明の実施をきちんと定義している理由は、キチンと定義しておかないと、権利侵害の時に揉めるからなんですね。

ここでは、物の発明についての実施については、実施の種類数を覚えておきましょう。

物の実施については、6個ですね。

この覚え方ですが、私は、譲渡、申し出、生産、輸入、輸出、しよう(使用)

と覚えておりました(あまり、ゴロになってませんかね?)


第4項

この項は、プログラムも発明に属するということを規定しているんですね。

これもあまり、弁理士試験には出てこないので、説明は割愛させていただきます。